ダルドリー・シッディとは?オウム真理教の修行により空中浮遊も可能!?

お気に入りに追加

ダルドリー・シッディをご存知でしょうか。オウム真理教では、入信者を勧誘するために麻原彰晃が修行により坐禅を組んだまま空中に浮遊する姿を見せていたそうです。空中浮遊を行うダルドリー・シッディとは、いったいどんな修行だったのでしょうか。

ダルドリー・シッディとは?オウム真理教の修行により空中浮遊も可能!?

目次

  1. オウム真理教の修行とは
  2. ダルドリー・シッディとは
  3. ダルドリー・シッディが可能だった人物
  4. オウム真理教の修行について(まとめ)

オウム真理教の修行とは

後光がさす
Activedia

一般人にはカルマが強く、現世においての不幸や不運は前世からのカルマによるものと信じられており、修行を積むことで功徳を積み上げることがオウム真理教では主軸が置かれていました。

また、入信初期段階ではポアの間と呼ばれる狭い空間で1週間、麻原彰晃の説法(マントラ)をビデオ映像で見せられるといった洗脳的な修行が多く行われていましたが、その後の苦行などを乗り越えていくことでダルドリー・シッディと呼ばれる空中浮遊おも可能にすると言われています。

オウム真理教は「ヨーガ(ヨガ)」やヒンドュー教などからそれらしい単語や修行方法などを取り入れ、オウム真理教独自に解釈を加えた用語が多く存在しています。このダルドリー・シッディもおそらくそうだと思われるのですが、正確な出典が存在せず、もしかするとオウム真理教が作った用語なのかもしれません。

ダルドリー・シッディとは

シヴァ神に似てる女性
KELLEPICS

冒頭からお伝えしている通り、ダルドリー・シッディとは坐禅の状態で空中浮遊を行うことを指しているのですが、空中で静止するということではなく、腰ほどの高さまで飛び跳ねる感じだったといいます。

一般人からすると空中浮遊と聞くと何かしらの奇跡を連想することから、入信者を勧誘する際に用いられていたのだと思われます。

当時正大使と呼ばれる、オウム真理教内で麻原彰晃の次に偉いとされていた5名のうちの一人、上祐史浩すらも後に「あれは飛んでいるのではなく跳ねているんですよ」という暴露を行なっていたことから、信者間でもダルドリー・シッディについては懐疑的だった信者も多かったのかもしれません。

ダルドリー・シッディの実施方法

クンダリニー・ヨーガと呼ばれるヨーガを正しく真面目に鍛錬を重ねることにより、坐禅状態からでも大きく飛び跳ねることができる場合があるそうです。それは「かっけ(脚気)」という、膝の下らへんをコツンと叩くとピクんと足が跳ね上がる原理と同様で、前立腺付近を何かしらの方法で刺激することで、足が反射的に跳ね上がることがあるようです。

クンダリニー・ヨーガの鍛錬を重ねることで、この反射を自らの意思で起こすことができる人もいるようですので、麻原彰晃もこの方法で飛び跳ねていた可能性があります。

ダルドリー・シッディが可能だった人物

ジャンプする4人の男女
juanmount Unsplash

ダルドリー・シッディを行うことができた人物は、麻原彰晃以外でも教団の内外に確認されています。特に代表的な事例をご紹介します。

江頭2:50

江頭2:50は体が非常に柔らかく、ダルドリー・シッディを「俺もできる!」と豪語し、実際に教団員に勝負を挑んだこともありました。江頭2:50がダルドリー・シッディを行うことができたかどうかは確かではありませんが、あの軟体と運動神経からすると、当時は大きく跳ねることはできていたのではないでしょうか。

滝本太郎(弁護士)

反オウム真理教の弁護士滝本太郎氏は、麻原彰晃よりも高く飛んで見せると息巻き、実際に麻原彰晃よりも高く飛んだことで脱会者を募っていました。

滝本太郎氏はカルト問題に対して積極的に解決を図ろうとしている弁護士です。麻原彰晃よりもダルドリー・シッディにおいて高く跳んで見せたことから脱会者が続出し、オウム真理教信者からポア(殺人)を仕掛けられた実績があります。※乗車中にサリンで殺されかけた

オウム真理教の修行について(まとめ)

  • ダルドリー・シッディは坐禅状態で空中浮遊を行うこと
  • ダルドリー・シッディは跳ねているだけ
  • 江頭2:50や滝本太郎氏のように信者以外でも実現できる人物がいる

オウム真理教の修行には、ダルドリー・シッディの他にも懐疑的な修行が数多く存在していますが、「クンダリニー・ヨーガの鍛錬を積めば坐禅状態でも大きな跳躍可能になる」という話もあり、虚偽であるが真実かもしれないと思わせることが大事だったのではないでしょうか。ごくわずかでも真実の可能性があるというオカルトな性質が人々を引き寄せていたのかもしれません。

オウム真理教とは?無差別大量殺人集団の実態とその後

あわせて読みたい

オウム真理教とは?無差別大量殺人集団の実態とその後

オウム真理教とは創始者である麻原彰晃こと松本智津夫を教祖とした宗教団体です。麻原彰晃の指導のもと、1988年から1995年にかけて数々の事件を引き起こしました。オウム真理教が起こした事件の中でも、特に多くの犠牲者を出したのが「地下鉄サリン事件」です。

マイムマイム

この記事のライター

マイムマイム

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【死刑囚】オウム真理教の死刑囚13名と残された信者の心境とは

新興宗教

【死刑囚】オウム真理教の死刑囚13名と残された信者の心境とは

オウム真理教は1988年〜1995年にかけ数々の事件を起こし、多数の犠牲者を出しました。特に1995年に発生した地下鉄サリン事件の印象は強烈でした。2011年にオウム真理教に関わる全ての裁判が終了し、13名が死刑判決が下り、2018年に死刑執行が完了しました。

【激ヤバ】見た目がすごすぎる新興宗教施設・建築物10選

新興宗教

【激ヤバ】見た目がすごすぎる新興宗教施設・建築物10選

今や日本国内だけでも2,000万〜3,000万人が新興宗教の会員になっているということで、そのような膨大な会員をかかえる宗教の施設はとんでもなく豪華だったり巨大だったりします。今回はそんな新興宗教の施設の中でも見た目がすごいものをご紹介します。

オウム真理教の建築物・サティアン一覧と解説【Googleマップあり】

新興宗教

オウム真理教の建築物・サティアン一覧と解説【Googleマップあり】

「サティアン」という言葉をご存知でしょうか。もともとはサンスクリッド語で「真理」を意味する単語ですが、オウム真理教では教団に関連する施設を意味します。オウム真理教が所有する建築物は、サティアン12棟を含む30棟以上もあったとされています。

オウム真理教を支えた幹部・主要人物一覧【高学歴多数】

新興宗教

オウム真理教を支えた幹部・主要人物一覧【高学歴多数】

オウム真理教には麻原彰晃をトップとし、最盛期には15,000人ものメンバーが信者として在籍していました。1994年に発生した地下鉄サリン事件など、様々な事件を起こした幹部などの主要人物をホーリーネーム付きで一覧にしています。

左道タントライニシエーションとは?尊師自らがエネルギーを挿入する修行の実態

新興宗教

左道タントライニシエーションとは?尊師自らがエネルギーを挿入する修行の実態

左道タントライニシエーションをご存知でしょうか。オウム真理教では、麻原彰晃が若い女性にエネルギーを挿入するために行われていた儀式のことを左道タントライニシエーションと呼んでいました。左道タントライニシエーションとは、いったいどんな儀式だったのでしょうか。

サットヴァレモンとは?オウム真理教内で食されていたサットヴァな食べ物について

新興宗教

サットヴァレモンとは?オウム真理教内で食されていたサットヴァな食べ物について

サットヴァレモンをご存知でしょうか。オウム真理教では、一日一食は聖なる食事を食べていました。その聖なる食べ物のことをオウム食と呼び、サットヴァレモンはオウム食の中でも代表的な飲み物です。この記事ではサットヴァレモンとは、どんな飲み物なのかをご紹介していきます。

【宗教用語集】オウム真理教で使用されていた用語とその解説

新興宗教

【宗教用語集】オウム真理教で使用されていた用語とその解説

オウム真理教で使用されていた宗教用語は、主に仏教で使用される用語を麻原彰晃の独自解釈したものが多く、一見して内容がわかりづらいものが多いのでまとめてみました。オウム真理教を語る上では理解していた方がよいため、みなさんもぜひこの機会に見てみましょう。

オウム真理教とは?無差別大量殺人集団の実態とその後

新興宗教

オウム真理教とは?無差別大量殺人集団の実態とその後

オウム真理教とは創始者である麻原彰晃こと松本智津夫を教祖とした宗教団体です。麻原彰晃の指導のもと、1988年から1995年にかけて数々の事件を引き起こしました。オウム真理教が起こした事件の中でも、特に多くの犠牲者を出したのが「地下鉄サリン事件」です。

新興宗教の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード