左道タントライニシエーションとは?尊師自らがエネルギーを挿入する修行の実態

お気に入りに追加

左道タントライニシエーションをご存知でしょうか。オウム真理教では、麻原彰晃が若い女性にエネルギーを挿入するために行われていた儀式のことを左道タントライニシエーションと呼んでいました。左道タントライニシエーションとは、いったいどんな儀式だったのでしょうか。

左道タントライニシエーションとは?尊師自らがエネルギーを挿入する修行の実態

目次

  1. イニシエーションとは
  2. 左道タントライニシエーションとは
  3. 麻原彰晃のダーキニー
  4. 左道タントライニシエーションによって誕生した子供

イニシエーションとは

尊師のエナジー
Activedia

オウム真理教では、「ヨーガ(ヨガ)」の修行を元とし、独自に解釈した修行や用語が数多く用いられていました。イニシエーションはヨーガでいうところの「加入儀式」を指しますが、オウム真理教では「解脱者(つまり麻原彰晃)のエネルギーを伝授する」ことを指します。

イニシエーションの種類としては、麻原彰晃が直接的に伝授する方法と麻原彰晃のエネルギーが込もったものを受け取る間接的なイニシエーションが存在します。

間接的なイニシエーションとしては、麻原彰晃が浸かった風呂の残り湯を飲んだり、爪や大腸菌を摂取するといったものがあります。

左道タントライニシエーションとは

手で作った輪の中に炎と水
Comfreak

左道タントライニシエーションは、イニシエーションの代表的なもので、直接的なイニシエーションにあたります。

左道タントライニシエーションの「左道タントラ」とは「性力」を意味することが一般的だと言われており、オウム真理教でも同様に性的な意味を持っています。なお、このイニシエーションはもっとも直接的なイニシエーションであって、麻原彰晃自身を女性が受け入れるということを意味します。つまり麻原彰晃と性的な関係を結ぶということになります。

麻原彰晃の女性の好み

左道タントライニシエーションの対象者としては、主に10代から20代前半の女性が対象とされており、若い女性に解脱者(麻原彰晃)のエネルギーを注入し、より高次元へ昇華させるために行われたと言われています。

対象者の選別は麻原彰晃自身が行なっていたとされ、ロングヘアーの女性が対象者に選ばれることが多かったそうです。左道タントライニシエーションが実施される際は女性に内容は告げられずに麻原彰晃の元に連れてこられたとされていますが、左道タントライニシエーションの存在自体は信者にも伝わっていたため、対象者に選ばれないために髪の毛を短くしていた女性もいたと言われています。

オウム真理教での夫婦・カップル事情

オウム真理教では、夫婦やカップルで入信する信者もいたそうですが、そのほとんどが別の居住区で暮らすことを強制されたそうです。また、オウム真理教は基本的には禁欲主義が貫かれていたため、夫婦・カップル間での行為は禁止されていました。つまり、麻原彰晃以外の信者は禁欲を強いられていたというわけです。

麻原彰晃のダーキニー

カップル in the ベッド
sasint

左道タントライニシエーションで、ヴァージンだと発覚した女性は「ダーキニー」になることができました。ダーキニーとは麻原彰晃の側室(愛人)という意味で、ダーキニーは30人以上いたとされています。オウム真理教は基本的に禁欲ではありましたが、このようなハーレム状態を築けた理由として、麻原彰晃自身は通常の解脱者ではなく「最終解脱者」であることから、一般の信者や解脱者が守るべきことを守る必要は無いという理論でした。

ダーキニーのメリット

ダーキニーになった女性にはそれなりにメリットがありました。

  • 麻原彰晃と同じテーブルで食事することができた
  • 基本的に苦行などを行うことを免除された
  • 私服を購入し、着ることを許された
  • 運転手付きの車に乗ることができた
  • 食事が配られる順番が優遇された

左道タントライニシエーションによって誕生した子供

赤ちゃんの足
kelin

一般の信者は禁欲を強いられており、子供を作ることは許されていませんでした(夫婦、または片方が子供連れで入信するのは問題ありません)。それは、一般人にはカルマが強く、子孫を残すべきでは無いという理由からなのですが、最終解脱者である麻原彰晃は自らに課された義務として左道タントライニシエーションを行なっていました。

ダーキニーとの子供は15人と言われており、正妻の松本知子との間に6人の子ども達がいましたので、それ以外に9人の子供がいるとされています。3女の松本麗華(まつもとりか)をはじめとし、教団から縁を切り、一般人として人生を歩んでいる方もいるのでしょう。

オウム真理教とは?無差別大量殺人集団の実態とその後

あわせて読みたい

オウム真理教とは?無差別大量殺人集団の実態とその後

オウム真理教とは創始者である麻原彰晃こと松本智津夫を教祖とした宗教団体です。麻原彰晃の指導のもと、1988年から1995年にかけて数々の事件を引き起こしました。オウム真理教が起こした事件の中でも、特に多くの犠牲者を出したのが「地下鉄サリン事件」です。

マイムマイム

この記事のライター

マイムマイム

この記事へコメントしてみる

※コメントは承認後に公開されます
コメント投稿ありがとうございます。
コメントは運営が確認後、承認されると掲載されます。

関連記事

【死刑囚】オウム真理教の死刑囚13名と残された信者の心境とは

新興宗教

【死刑囚】オウム真理教の死刑囚13名と残された信者の心境とは

オウム真理教は1988年〜1995年にかけ数々の事件を起こし、多数の犠牲者を出しました。特に1995年に発生した地下鉄サリン事件の印象は強烈でした。2011年にオウム真理教に関わる全ての裁判が終了し、13名が死刑判決が下り、2018年に死刑執行が完了しました。

【激ヤバ】見た目がすごすぎる新興宗教施設・建築物10選

新興宗教

【激ヤバ】見た目がすごすぎる新興宗教施設・建築物10選

今や日本国内だけでも2,000万〜3,000万人が新興宗教の会員になっているということで、そのような膨大な会員をかかえる宗教の施設はとんでもなく豪華だったり巨大だったりします。今回はそんな新興宗教の施設の中でも見た目がすごいものをご紹介します。

オウム真理教の建築物・サティアン一覧と解説【Googleマップあり】

新興宗教

オウム真理教の建築物・サティアン一覧と解説【Googleマップあり】

「サティアン」という言葉をご存知でしょうか。もともとはサンスクリッド語で「真理」を意味する単語ですが、オウム真理教では教団に関連する施設を意味します。オウム真理教が所有する建築物は、サティアン12棟を含む30棟以上もあったとされています。

オウム真理教を支えた幹部・主要人物一覧【高学歴多数】

新興宗教

オウム真理教を支えた幹部・主要人物一覧【高学歴多数】

オウム真理教には麻原彰晃をトップとし、最盛期には15,000人ものメンバーが信者として在籍していました。1994年に発生した地下鉄サリン事件など、様々な事件を起こした幹部などの主要人物をホーリーネーム付きで一覧にしています。

ダルドリー・シッディとは?オウム真理教の修行により空中浮遊も可能!?

新興宗教

ダルドリー・シッディとは?オウム真理教の修行により空中浮遊も可能!?

ダルドリー・シッディをご存知でしょうか。オウム真理教では、入信者を勧誘するために麻原彰晃が修行により坐禅を組んだまま空中に浮遊する姿を見せていたそうです。空中浮遊を行うダルドリー・シッディとは、いったいどんな修行だったのでしょうか。

サットヴァレモンとは?オウム真理教内で食されていたサットヴァな食べ物について

新興宗教

サットヴァレモンとは?オウム真理教内で食されていたサットヴァな食べ物について

サットヴァレモンをご存知でしょうか。オウム真理教では、一日一食は聖なる食事を食べていました。その聖なる食べ物のことをオウム食と呼び、サットヴァレモンはオウム食の中でも代表的な飲み物です。この記事ではサットヴァレモンとは、どんな飲み物なのかをご紹介していきます。

【宗教用語集】オウム真理教で使用されていた用語とその解説

新興宗教

【宗教用語集】オウム真理教で使用されていた用語とその解説

オウム真理教で使用されていた宗教用語は、主に仏教で使用される用語を麻原彰晃の独自解釈したものが多く、一見して内容がわかりづらいものが多いのでまとめてみました。オウム真理教を語る上では理解していた方がよいため、みなさんもぜひこの機会に見てみましょう。

オウム真理教とは?無差別大量殺人集団の実態とその後

新興宗教

オウム真理教とは?無差別大量殺人集団の実態とその後

オウム真理教とは創始者である麻原彰晃こと松本智津夫を教祖とした宗教団体です。麻原彰晃の指導のもと、1988年から1995年にかけて数々の事件を引き起こしました。オウム真理教が起こした事件の中でも、特に多くの犠牲者を出したのが「地下鉄サリン事件」です。

関連するキーワード

新興宗教の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード