修行に関する記事

オウム真理教の建築物・サティアン一覧と解説【Googleマップあり】

新興宗教

オウム真理教の建築物・サティアン一覧と解説【Googleマップあり】

「サティアン」という言葉をご存知でしょうか。もともとはサンスクリッド語で「真理」を意味する単語ですが、オウム真理教では教団に関連する施設を意味します。オウム真理教が所有する建築物は、サティアン12棟を含む30棟以上もあったとされています。

ダルドリー・シッディとは?オウム真理教の修行により空中浮遊も可能!?

新興宗教

ダルドリー・シッディとは?オウム真理教の修行により空中浮遊も可能!?

ダルドリー・シッディをご存知でしょうか。オウム真理教では、入信者を勧誘するために麻原彰晃が修行により坐禅を組んだまま空中に浮遊する姿を見せていたそうです。空中浮遊を行うダルドリー・シッディとは、いったいどんな修行だったのでしょうか。

左道タントライニシエーションとは?尊師自らがエネルギーを挿入する修行の実態

新興宗教

左道タントライニシエーションとは?尊師自らがエネルギーを挿入する修行の実態

左道タントライニシエーションをご存知でしょうか。オウム真理教では、麻原彰晃が若い女性にエネルギーを挿入するために行われていた儀式のことを左道タントライニシエーションと呼んでいました。左道タントライニシエーションとは、いったいどんな儀式だったのでしょうか。

サットヴァレモンとは?オウム真理教内で食されていたサットヴァな食べ物について

新興宗教

サットヴァレモンとは?オウム真理教内で食されていたサットヴァな食べ物について

サットヴァレモンをご存知でしょうか。オウム真理教では、一日一食は聖なる食事を食べていました。その聖なる食べ物のことをオウム食と呼び、サットヴァレモンはオウム食の中でも代表的な飲み物です。この記事ではサットヴァレモンとは、どんな飲み物なのかをご紹介していきます。

【宗教用語集】オウム真理教で使用されていた用語とその解説

新興宗教

【宗教用語集】オウム真理教で使用されていた用語とその解説

オウム真理教で使用されていた宗教用語は、主に仏教で使用される用語を麻原彰晃の独自解釈したものが多く、一見して内容がわかりづらいものが多いのでまとめてみました。オウム真理教を語る上では理解していた方がよいため、みなさんもぜひこの機会に見てみましょう。

オウム真理教とは?無差別大量殺人集団の実態とその後

新興宗教

オウム真理教とは?無差別大量殺人集団の実態とその後

オウム真理教とは創始者である麻原彰晃こと松本智津夫を教祖とした宗教団体です。麻原彰晃の指導のもと、1988年から1995年にかけて数々の事件を引き起こしました。オウム真理教が起こした事件の中でも、特に多くの犠牲者を出したのが「地下鉄サリン事件」です。

修行の人気記事

人気ランキング

話題のキーワード